5st7

5st7

4 posts published

2022年やりたいこと/やらないこと

たけるです。 あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。 2022年やりたいこと、2022年はこれはやらないぞ〜ってことを纏めて また年末に振り返れたらな〜と思います 以下箇条書き やりたいこと 引越 1LDKの家に引っ越してQoLをバク上げしたい 痩せる(運動する) 65kgぐらいまで… 英語 最近自分の英語力のなさに嘆いているため TOEFL iBTで60~70ぐらい取れるようになりたいナ・・・ お世話になっているOSSへのコントリビュート 髪の毛を生やす ふさふさになりてェ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 九州外の温泉宿へ行く 最高の人生を歩みたい やらないこと 無意味な外食    - 無意味なため ヘラる 無意味なため

Jaegerを使った分散トレーシング

たけるです。 最近Observabilityに関して学ぶ機会が多かったのでJaegerを触って 今回はKubernetes(kind)上にJaegerを構築してわいわいやっていこうと思います Jaegerは以下のコンポーネントから構成されるみたいです (参考) jaeger-client アプリケーションに組み込まれたOpenTracingAPIの言語固有の 例えばgo-grpcだとopentracing-contrib/go-grpc jaeger-agent UDPを通して送信されたスパンをコレクターに流すネットワークデーモン jaeger-collector Agentからトレースを受け取り、トレースを検証し、インデックスを付けてDBに保存する jaeher-query DBからトレースを取得してWeb UIを表示する 適当にクラスタを立てます $ kind create cluster helmでクラスタにJaeger Operatorをインストールします $ helm repo add jaegertracing https://jaegertracing.github.io/helm-charts $ helm repo update JaegerをAll In One Deploymentでデプロイします。 今回はデータの永続化はしませんが、ElasticSearch Operatorなりk8ssandraなりを入れてあげてウェイってしてあげればいいのかなぁと思います。 $ kubectl apply -f jager.yaml

GolangのBest Practice

最近Golangを書く機会が多かったので、Golangのコーディング規約やBest Practiceに類ずるモノを纏めました Go Proverbs EffectiveGo CodeReviewComments 日本語訳 CommonMistakes Uber Go Style Guide 日本語訳 The Zen of Go Style guideline for Go packages Idiomatic Go Go testing style guide 中でもThe Zen of Goの「if you think it’s slow, first prove it with a benchmark(遅いと思うなら、まずベンチマークで証明してください)」がなるほどなぁと思ったし、自分のお気持ちで最適化したくなることがあるので心に刻んでおきたい